スタジオ・ユール

Sanae

Studio Jul

Home Bienvenue Profil Français Musique Galerie Tarif Contact Liens

講 師 紹 介 

川田 早苗(かわだ さなえ)

国立音楽大学声楽科卒業後、渡仏し、在仏10年あまりはじめの5年間はカミーユ・モラーヌ師のもとでみっちりと、主にフランス歌曲の研鑽を積む。その後、バロック声楽を主にハワード・クルーク、フランス音楽表現法をクリストフ・ルセに学ぶ。18世紀の声楽曲と近代フランス歌曲を得意とするが、メディエヴァルから現代まで幅広いレパートリーを持つ。2006年ソルボンヌ大学音楽学部音楽学学科卒業。在仏中は、パリ管弦楽団付属合唱団アクサンチュス室内合唱団等に所属し、主に合唱・アンサンブルで活動。教会やコンサートホールでのリサイタル等も行った。

帰国後、東京藝術大学大学院(音楽研究科音楽文化学専攻音楽学)にて、17・18世紀のフランスの声楽曲、特にルソン・ド・テネブルについて研究。2017年3月、博士(音楽学)を取得。博士論文『ルイ14世およびルイ15世治下におけるルソン・ド・テネブルの演奏実践』

慶應義塾大学 教養研究センター 非常勤講師身体知(音楽)』、日本芸術文化振興会 調査分析研究員

Home Bienvenue Profil Français Musique Galerie Tarif Contact Liens